クマに悩む方必見【目の下によって印象が変わる明るい印象GET】

女性

美容外科での目元の治療

美容整形

垂れてくる皮下脂肪を除去

目の下のくまは、美容外科での整形手術によって消すことが可能となっています。くまの原因の多くは、目の周辺の皮膚がたるみ、それによって皮下脂肪ごと垂れてきてしまうことにあります。皮下脂肪は、ある程度固まった状態で垂れるため、それによって影ができます。その影が、目の下のくまとなってしまうわけです。そのため美容外科では、その皮下脂肪を抜き取るという整形手術がおこなわれています。具体的には、まずはまぶたの裏側にレーザーで小さな穴を開けます。その穴から皮下脂肪があふれ出てくるので、それを押し出したり引っ張り出したりするのです。この整形手術により皮下脂肪の量が減れば、垂れ下がって影ができることはなくなります。また、まぶたの裏側からおこなわれる整形手術なので、傷跡も残りません。

皮膚の弾力を高める治療

さらに美容外科では、目元の皮膚の弾力を高める治療もおこなわれています。これには、先述したまぶたに穴を開けるレーザーではなく、もっとマイルドなレーザー、またはラジオ波が使われることが多いです。それらによって熱を受けることで、皮膚の内部の線維芽細胞が活性化し、弾性線維を多く作り出すようになります。それによって、目元の皮膚は弾力を取り戻し、皮下脂肪をしっかりと支えることができるようになるのです。整形手術と異なり、出血することがないため、この治療方法にも人気があります。このように美容外科では、くまを解消するための様々な治療がおこなわれているのです。昨今では、疲労やストレスで目の下にくまができる人が増えているため、これらの治療の需要は高まると予想されています。